イライラするのは更年期障害かもしれない|治し方

  1. ホーム
  2. 更年期外来での治療

更年期外来での治療

カウンセリング

ホルモンの投与の仕方

更年期障害は病気の1つなので、保険適用の治療で治すことができます。更年期障害の治療をしている更年期外来は、最近総合病院で増えてきています。更年期障害の治療法はたくさんあります。一般的なのは、エストロゲン薬やプロゲステロン薬の処方です。エステルとプロゲステロンは、女性ホルモンの1種です。更年期障害は、老化による女性ホルモンの減少またはホルモンの乱れが原因でなるので、人工的にホルモン機能を高めることが治療の基本です。女性ホルモンの摂取方法には、口から傾口摂取する方法と、皮膚から経皮摂取する方法があります。サプリメントのように錠剤タイプになっているホルモン薬は、経口摂取するタイプです。経口摂取タイプは即効性がそれなりにあり、効果も高いです。ただし、胃腸に負担があると飲めない場合があります。傾口摂取タイプよりも比較的位効き目が穏やかなのが経皮摂取するタイプのホルモン薬です。テープやスプレーやジェルなどがあります。直接ホルモンを飲むのに抵抗がある人でも、肌に塗ったり貼ったりするタイプなら抵抗なくできます。それにダイレクトに体の中に入るわけではないので、効果も緩やかです。ただし、肌が弱い人だと塗るだけで赤くなったり、かぶれたりすることがあるので、できない場合があります。自分の体質やホルモン状態、ライフスタイルなどに合わせて、安全な状態でホルモン薬を投与することが、更年期障害を改善するための近道です。