イライラするのは更年期障害かもしれない|治し方

  1. ホーム
  2. ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは

男女と病院

ホットフラッシュの症状

ホットフラッシュとは更年期障害によくある症状のことです。ホットフラッシュになると、寒い真冬でも大量に汗をかきます。特に走ったり動いたり運動をしているわけでもないのに、顔が紅潮して真っ赤になり、火照ったようになります。そして、顔や脇の下から大量にダラダラと汗が出ます。ひどいとワイシャツやTシャツなどがびしょ濡れになる人もいます。ホットフラッシュは、朝起きたときでも食事中でも仕事中でも関係なくいつでも起こることです。友達と喋っている時、会議をしている時でも、突然発症します。ホットフラッシュになるのは、更年期障害で自律神経が乱れるためです。自律神経が乱れると、血管の拡張作用も乱れます。そのため、気温に関係なく汗がダラダラ出たり、顔が火照ったりするのです。更年期障害のホットフラッシュを防ぐには、自律神経を乱れを整えることが大切です。エストロゲンは卵胞ホルモンとも言われていて、卵胞期に分泌される女性ホルモンです。閉経が近づくにつれて急激に少なくなり、それが更年期障害に繋がります。そのため、エストロゲン系のサプリメントを摂取すると、ホットフラッシュが改善することがあります。また、病院に行けば内服薬や漢方などを処方してもらえます。短期的な対策では、首元を冷やすのがお勧めです。タオルに包んだ冷却ジェルを常にもち歩き、暑く感じてきたら首元にあてて冷やします。そうすると汗や顔の火照りが多少収まります。